2010年01月21日

ダイエットの確実な第一歩

あるドクターのお言葉です。

「食べても太らない人は確かに存在する。
しかし。
太っている人は、全員、食べすぎている!」

なんて素晴らしいお言葉でしょうか♪


時々、痩せられないと嘆く方から、ご相談をいただくことがあります。

皆さま、口を揃えて、こうおっしゃいます。

「たいして食べていないのにねえ〜。水を飲んでも太るのよ。もう、息しても太る気がするわ〜」

いやいや。

人間はエアープランツじゃないですから。(^^ゞ

「テレビで**を食べたら痩せたって言ってたけど、本当? **を食べるダイエットって、効果あると思う? 一体、何を食べたら痩せるのかしら?」

ええっと。

「何を食べたら痩せるか?」ですか?(^_^;)

この手の質問をなさる方は、「現在の食事に何かをプラスして痩せよう」と考えていらっしゃることがほとんどです。すでに充分食べすぎなのに、です。

この矛盾。

まずは、この矛盾を認識していただくところから、全てが始まるといっても過言ではありません。

道はなかなか険しいです・・・(^_^;)

しかし、実は、食事内容云々以前にもたくさんの問題が・・・。中でも、「早食い」「大皿料理」「ながら食べ」は、非常にキケン。

そこで、体重コントロールをご相談いただくと、まずは、こんなお話しからさせていただきます。

るんるんダイエットの最初の一歩るんるん

*一人前ずつ盛り付けて、食卓にきちんとセットしてから食べましょう
・・・今から自分が食べる一食分を、食べる前にしっかりと見て、目で認識します。「大皿から取り分けながら」だと、一回にとりわけた量しか認識できず、全体量がわからないのでやめましょう。

*食事中はテレビを消し、食べるものをきちんと見ながら食べましょう
・・・新聞を読みながら、テレビを見ながら、メールを打ちながら、は、「食べた記憶」が残らないのでやめましょう

*口の中にものを入れたら、一度箸を置き、飲み込んだら、また箸をとりあげましょう
・・・口の中にいれたものをしっかり意識して味わいます。飲み込んだときには、次の一口がすでに口の前でスタンバイしている、というのはやめましょう

以上です。

要は、今いただいている食事に神経を集中して、何をどれ位食べているのかをはっきり見て、よく味わってゆっくり食べましょう、ということです。

実はこれが意外と難しいのですが、これが守れる、あるいはこのアドバイスの意味が理解実践できると、ダイエットはずっと楽に、確実になるものです。

面倒なカロリー計算も、特別な食材もいりません。

でも、確実に効果が上がる方法です。

よろしければ、お試しください。




ちなみに。

虚弱で太れない、と嘆くかたはこう、おっしゃいます。

「結構、食べてるつもりなんですけれどもねえ〜」

こちらはこちらで、お悩みが深いのです。

なかなか難しいものですね。


posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットするなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。