2010年01月27日

東京スキンタッチ会とは

「親子スキンタッチ」は、鍼灸師がお伝えしている、親子のための、家庭でできるツボ健康法です。昔から伝えられている「小児はり」の手法を元に、徳島の鍼灸師会がアレンジしました。

スプーン・歯ブラシ・ドライヤーといった、家庭にあるものを使って親御さんがご自身のお子さんに行いますので、毎日のスキンシップにも役立ちます。

鍼灸師ならではの視点を活かした健康法が子育て支援のひとつになれば、と、各地で教室が開かれています。

東京では、鍼灸師の有志の自主組織である「東京スキンタッチ会」が教室活動を展開しており、会員個々が開いている様々な教室のほか、定期教室として、青山教室があり、東京の土地柄にあわせた活動を行っています。

NHKの番組や、月刊クーヨンなどの雑誌にも取り上げられたこともあるんですよ♪

私は、東京の会の立ち上げから参加していて、初期の頃は随分、教室活動も行っていたのですが、子育て経験豊富なスタッフが増えた今では、すっかり裏方さんを決め込んでいます(笑)

鍼灸師の集まりにもかかわらず?!笑いの絶えない、とても明るい雰囲気の団体です。

親子さん向けのスキンタッチ教室のほか、年に何回か、指導者講習会や勉強会も行いますので、どちらの立場の方も、機会があったらぜひ、覗いてみてください。

るんるん東京スキンタッチ会公式サイト




posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京スキンタッチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。