2010年03月15日

省エネになってるかも

例えば、歩くとき。

どこの筋肉が動いているでしょうか?

案外、筋肉を意識しにくいかもしれません。

これは、その動きに慣れてくると、本能的に「疲れないように」動こうとするため、いわば省エネモードになっているからです。

慣れないことをするときは疲れますが、慣れたことは、ささっと自然な動きで楽にできますよね?

逆に言うと、鍛えたり、ダイエットのためには、省エネモードだと効果がでにくい、ということでもあります。

もしも、鍛えたり、ダイエットしたり、ということのためならば、意今、どこの筋肉を使っているのか?を、ちょっと意識しながら動いてみてください。

目的の筋肉は、ちゃんと動いていますか?

省エネモードになっていたら、目的の筋肉がしっかり使えるように、動き方を工夫してみましょう。

歩いているなら、少しゆっくりにしてみるとか、伸ばすところ、縮むところを一歩ずつ、確実に、感じてみるとか。

ホンの少し、意識するだけで、ぐぐっと効果が違ってくるでしょう。

その違いを意識することから、まずははじめてみませんか?





posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体を鍛えたいなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。