2010年05月17日

転居を思い立ったら。

このところ、ちょっと続けて転居のご相談をいただきました。

ええ、もちろん、患者さんから、治療中に、です。

はい、構いません。もちろん、そういった方面の専門家ではありませんが、よろず相談所(笑)ですので、出来る限りのことはさせていただきます。

必要な情報は、「いただける」ことが多いので問題はありませんし、「それなりのチェック(笑)」は、いつでも可能です。

まあ、その、ようするに、物件内覧にお伴したら「ぐるぐる回ってる部屋」だったり、「黒い霧がかかっている建物」だったり、などということも・・・。

というわけで。

「住まいを選ぶときのポイント」などを少し、思いつくままに書いてみましょう。


住まいを選ぶとき、気になることはたくさんありますよね。

でも、一番大切なことは、「自分の”これから”にふさわしい住まい」を選ぶことです。

「今」ではなく、「これから」というところがポイントです。

住まいを変えるときは、さまざまな理由があると思いますが、いずれにしても、そこに移った時を起点として、新しい生活が始まるのです。

今までの生活にとらわれることなく、自由に、その後のビジョンに従って、未来に向かった住まいを選ぶようにしましょう。

きちんと念願をたてて、そのように意図して探すと、ちゃんとちょうど良い時に、ふさわしい住まいが授かるので心配はいりません。

物件との出会いは、本当に不思議です。


では、今回はここまでにいたしましょう。





posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいを選ぶとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。