2010年05月18日

新居が見つからないとき

「転居を思い立ったら」の続きです。

きちんと意図して探しているにも関わらず、なかなか思うような新居が見つからないこともあると思います。

そんなときは、もしかすると、「動く時ではない」のかもしれません。

もちろん、転勤などでタイムリミットが決まっていることもありますが、比較的流動的な予定の場合、少し立ち止まってみるのも一つの方法です。

たとえば、転職したばかりで環境が激変しているときなどは、住まいまで変えてしまうと負担が大きすぎるために、慣れた住まいをベースキャンプにしておくほうが良い場合もあります。

そんなときは、ひとまず新しい仕事のペースがつかめるまで、そちらを優先にして集中するのがお勧めです。

いずれ少し落ち着いた時、ふさわしいお部屋が、ふっと授かるでしょう。

要は、焦らないことです。

時が満ちれば、何事もスムーズに運びますから心配は要りません。


では、今回はここまでにいたします。






posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいを選ぶとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。