2011年08月14日

笑顔の効果はスパイラル

たとえ「本当は楽しい状態ではない」ときでも、
笑顔を作って頬の筋肉が動くと、
脳は「楽しい状態」だと認識します。

すると、それが神経へと伝わり、
副交感神経の働きを高め、
免疫機能活性ホルモンや、
強力な鎮痛作用と快感作用のあるホルモンが分泌されて、
本当に楽しい状態になっていきます。

しかも、人は真似する能力に優れているので、
笑顔を見ると、
釣られて笑顔になってしまうのです。

つまり。

鏡に向かって、笑顔を作ると、
本当の気分にかかわらず、
笑顔の効果が現れて、しかもそれがグルグル回る。

笑顔スパイラル♪になっていくんですね〜。

すると、まさに・・・

「笑う門には福来る」

ということになります。

ちょっと試してみませんか?




posted by 橘@森田智子 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑う門には | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。