2011年10月28日

肩甲骨の動かし方

少し前の『この記事』のなかで、

『そんなときは、左右の肩甲骨を、
ぐぐ〜〜〜っと寄せて、ふっと力を抜いたり、
あるいは、逆に、
背中を丸めるようにして肩甲骨の間を伸ばしたり、
ゆっくり何度かしてみましょう。』

と書いたのですが、
もう少し具体的に詳しく〜〜〜とお尋ねがありましたので、
ちょっと補足してみましょう。

まず、「ぐぐーーーっと寄せる」方法。

これは、「小さく前へ習え」ポーズです。

普通の「前へ習え」は、腕を伸ばしたままですが、
「小さい」ほうは、肘を曲げますよね?

その状態で、肘を、身体に付けたまま、
手を横に開きます。

そうすると、
ちょっと胸を張るような形になって、
肩甲骨がぐぐっと寄ってきませんか?

う〜〜〜ん。

絵がないとわかりにくい。。。。。

背中は見えないので、
動きを意識しにくいのですが、
こんなふうに、
動かしやすいところとセットにすると、
意外と動かしやすいかな、と思います。

まあ、ちょっと、試してみてください。(^^ゞ




posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 身体を温めるには・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は声楽も教えている私ですので、
肩甲骨の間を広げる事は実施していますが、
寄せるのは初めての体験でした。
詳しく&わかりやすく教えて頂き、
ありがとうございます。
早速、実行しています(^^)
血行が良くなった感じが致しますし、
ダイエットにも効果有り、なので続けますネ♪
Posted by ロミ at 2011年11月02日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。