2012年01月11日

熱田神宮参拝

縁あって、熱田神宮さまにお参りさせていただきました。

初めて伺ったので、まずは、案内図片手に、
正門から入り、ひとつひとつお参りしながら
本宮へ進みました。

仮設の「授与所」などの撤去作業も行われていましたが、
まだまだお正月の余韻が残る境内は、
たくさんの出店も出て、大賑わいです。

一番手前は「お醤油」です。
30RIMG4693.jpg

本宮前のスペースでは、
授与所の前にも長い列が出来ていました。
30RIMG4690.jpg

本宮右手の小道から、本殿の東エリアへ。
30RIMG4686.jpg

30RIMG4688.jpg

この道に入った途端、すっと気温が下がりました。
表側の賑わいとは別世界です。

下り坂をひと区画降りるごとに、
さらにひんやり清浄な空気が満ちていきます。

一番下のエリアには『清水社(しみずしゃ)』が。
30RIMG4682.jpg
水をつかさどる神様である罔象女神(みずはのめのかみ)がお祀りされています。

『社殿の奥に水が湧いていることから、俗に「お清水(しみず)さま」と呼ばれ、その水で眼を洗えば眼がよくなり、肌を洗えば肌がきれいになるという信仰があります。』(熱田神宮HPより)

湧き水には、水かけができるように、柄杓も用意されています。
30RIMG4674.jpg 30RIMG4672.jpg

立て札の案内の通り、
3回、お水をかけさせていただきました。
30RIMG4685.jpg
少し距離があるので、
しっかりお水を投げかけないと届きません(^^ゞ

慣れていらっしゃるご様子の方は、
しっかりとバシャッと水をかけていましたが、
加減がなかなか難しくて・・・。

お水のところから、清水社を見上げると・・・。
30RIMG4680.jpg
なんと美しい〜〜〜。

ありがたい一枚。

素晴らしい出会いでした。

心から、感謝!!




== ご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪



posted by 橘@森田智子 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。