2013年02月22日

エル・グレコ展

201302211601350030.jpg
東京都美術館で開催中の『エル・グレコ展』に行ってきました。

ベラスケス、ゴヤとともに、スペイン三大画家と呼ばれる巨匠エル・グレコの国内史上最大の回顧展。

世界の名だたる美術館やトレドの教会群から油彩およびテンペラ画51点が集結。高さ3メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ『無原罪のお宿り』も初来日しています。

若きマリアがとりわけ美しい『聖アンナのいる聖家族』、恐らくローマ時代の最後に描かれたとされている『受胎告知』、そして、高さ3メートルを超す大作にして最高傑作の一つ『無原罪のお宿り』など、どの時代のものも、興味深いものばかり。。

『無原罪のお宿り』は「動く絵」とも言われているそうですが、たしかに、絵に向かって少し左手側に立つと、絵がまるでリリーフのように浮かび上がり、中央下部の、垂直にこちらに向かっている天使の羽根に軽く視線を合わせながらゆっくり右手に移動すると、全体が渦をまいて昇っていくように動いて見えます。

元来の高さに見上げるように展示されていないのは残念ですが、会場内の混雑具合に、少しゆとりがあったので、見学者たちは思い思いに左右に動いたり、距離を変えたり、あるいはしゃがんだりして、さまざまな角度から鑑賞していました。

美術館入口のガラス張りの内側に、この絵の一部が使われた幕が張られているのですが、外からそれを見上げる角度が、実際の感じに近いかもしれません。
201302211602220030.jpg

六ヶ所ほどに、「ジュニア・ガイド」が設置されているのですが、これがとってもわかりやすくてスグレモノ。ジュニアじゃなくてもぜひ! 公式サイトからダウンロード出来るので、予習にもピッタリです。

美術館の入口まえの広場には、球体の鏡(?)が置かれていて、見る角度によってとても面白い光景が広がります。この写真は、建物内部、二階通路からの眺め。
201302211543030030.jpg

4月7日(日)までなので、ぜひ♪

『エル・グレコ展』公式サイト



*『Light Amulet』癒し系イベントに出展します!(詳しくはこちらから)

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪


posted by 橘@森田智子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。