2013年08月26日

『霊界の謎を探る』(25)

2013.06.01.00300RIMG0607.jpg
祖母の著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」から。

・・・・・・・・・・・・・・・
『オーラーの謎』より・・・(5)

不思議なことは、年齢により、心の安定不安定により、また性格の強弱によって、同じ色でも鮮かに出たり、薄よどんで出たりします。

なお不思議なことは、同じ絵の具、同じ筆で描くのに、相手が五人だとしますと、その五人の性格の相違、感情の相違、環境の相違によって五人五様に表現されることです。

また五色で表現される時でも、その色の幅が一様でなく、幅の広い色があるかと思うと、極細く現れたり、緑色の如きは、土地を持たない人には全然表現されません。

著しく感情の強い人は他の色に比べて赤ピンクの幅が広く且つ色濃く出ます。各々の色が乾いた時に、もし、感情が激動している」場合には、汚れやむらが表れます。

個性が強すぎる場合でも、土地に何か曰くがある場合にはそれ相当の汚れが出ますし、祖先の供養が足りないような場合、祖先が戦争などで殺人をしていたような場合には、紫色の部に霊の顔が汚れとなって現れることがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・


前回(こちら)の続きです。

現在、よく用いられているオーラの色の解釈とは少し相違がありますが、
オーラの性質の捉え方そのものは、変わりないように思います。

実は、この本のカバーに描かれているのは、
このオーラーを描いたものの一部分だそうです。

この項、あともう少しです。

2013.06.01.00300RIMG0611.jpg

『祖母・山田祐子』
*1903(明治36)年6月1日〜1975(昭和50)年10月5日
*「めぐみ会」主宰
*著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」
   (1973年 講談社刊・絶版)

*『霊界の謎を探るカテゴリー』はこちらから
*『霊界の謎を探る』(1)はこちらから



*『Light Amulet』癒し系イベントに出展します!(詳しくはこちらから)

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪



posted by 橘@森田智子 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。