2014年09月09日

十五夜と満月と重陽の節句

9月8日、9日の覚書・・・

今年の『中秋の名月』は、9月8日でした。

別名『十五夜』とも呼ばれ、旧暦8月15日に見える月を意味します。旧暦の秋は7〜9月で、その真中の旧暦の8月15日を「中秋」と呼び、そのころの月がとても美しく見えることから、「中秋の名月」と呼ばれるようになったそうです。

十五夜の日は満月の日に近い日ですが、新月から満月に至る期間が、毎回ぴったり15日間ではないことから、必ずしも満月になるわけではなく、年によっても多少ズレるようです。

ちなみに、十五夜の後に巡ってくる十三夜、旧暦9月13日のお月見を十三夜といい、十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされてきました。

十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれています。今年の十三夜は10月6日です。

一方、月が最も近づく時間(満月タイム)は9月9日の午前10時38分なので、満月の夜は9日の夜ということになります。

今年の9月9日は「スーパームーン」の日となり、通常の満月よりも大きくて明るく見えますが、2014年は「スーパームーン」の日が3回あって、今夜が今年最後となります。

更に、9月9日は、「重陽の節句」で、なんと大安でもあります。

素晴らしい〜〜〜!!

善き一日を楽しみましょう♪



*『Light Amulet』癒し系イベントに出展します!(詳しくはこちらから)

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪


posted by 橘@森田智子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お月さまの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。