2014年10月02日

『霊界の謎を探る』(34)

2013.06.01.00300RIMG0607.jpg
祖母の著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」から。

・・・・・・・・・・・・・・・
『オーラー研究の動機と幽体写真』より

今まで幽霊など写したこともなし、写るとも思っていなかった私です。科学万能時代にあって、あまりにも不思議とも、神秘とも感じたし、イギリスのキルナー博士が眼鏡を通してオーラーが見えるという話を聞いていましたので、それ以来、私はオーラーなるものに異常に関心を持ち、徹底的な研究に打ち込み始めました。

その研究の報告を「電波技術」誌上に発表したところ、これが大変な反響を呼んだので、編集集録したのが「四次元世界の謎」です。すでに三冊目が刊行されました。

この著書は、世界的にも注目を浴び、殊にアメリカとソ連の学会からは特別の要請がありましたので、原本を送りました。

なお、いまだ実用化の段階ではありませんが、「オーラー測定機」なるものが一応完成し、目下実験中であります。

(昭和47年6月1日、後楽園涵徳亭における誕生パーティ席上における『四次元世界の謎』の著者内田秀男氏の談話より)
・・・・・・・・・・・・・・・


これは、前回の続きです。

『四次元世界の謎』の著者、超常現象研究者でもある電子技術者、内田秀男氏の談話の一部で、内田氏がオーラーに関心をもつきっかけになった出来事がさりげなく記載されています。

ちなみに、この誕生パーティ会場『涵徳亭』は『かんとくてい』と読み、
現在も、小石川後楽園の中にあります。

ご近所だったので、よく利用していたのかも。

こういう、付随するあれこれ情報は、
やはり今のうちに母に聞いておかないといけないなあ、と思います。

内田氏についてはウィキベディアの、こちらから。

2013.06.01.00300RIMG0611.jpg

『祖母・山田祐子』
*1903(明治36)年6月1日〜1975(昭和50)年10月5日
*「めぐみ会」主宰
*著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」
   (1973年 講談社刊・絶版)

*『霊界の謎を探るカテゴリー』はこちらから
*『霊界の謎を探る』(1)はこちらから



*『Light Amulet』癒し系イベントに出展します!(詳しくはこちらから)

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪



posted by 橘@森田智子 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。