2015年08月08日

『霊界の謎を探る』(42)

2013.06.01.00300RIMG0607.jpg
祖母の著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」から。

・・・・・・・・・・・・・・・
『テレパシーを受ける心構え』より

北海道の片山さんは、まだ一度もお目にかかったことがありません。電話で不問診断をして指導している方です。

私は感応が強いので、受話器を手にしただけで、身体に先方の悪い所を感受しますので何でもお答えできます。電話ですと、寧ろ、相手一人に私の心が集中して雑念が入らないので却ってよいのではないかと思います。それにはじめての時よりも、何回か回を重ねた方が結果はよいようです。

それは先方も溶け込んで来ますし、私としても打ち解けて念ずる気持で電話することができるからでしょう。

電話治療の場合もそうだと思います。心霊治療を受ける場合、受ける人の心持ちが先ず第一です。心底から救いを求める気持ちの人と、試してみようという気持ちの人とでは、治るものも治らないことがあるからです。

ですから、比較的無心の子供の病気の時、あるいは病人に知らせないで、電話によるテレパシー治療が比較効果が上がって治るわけです。この心霊治療というものは、体験してみないと話を聞いたり、本を読んだだけでは分かりませんし、なかなか信ずることもできません。
・・・・・・・・・・・・・・・


ずいぶん、間が空いてしまいました(^_^;)

テレパシーの項の続きです。
ちょっと途中を飛ばして、「受ける心構え」についての部分。

この本が書かれた当時は、電話といえば「黒い固定電話」の時代です。

テレビ電話どころか、FAXすらありません。

写真も今ほど気楽にやり取りできない時代、「会ったことが無い」ということは、「相手を見たことが無い」というのと同じです。

いつのことだったか、「会ったことが無いのに、電話しただけで、どうしてわかるの?」と祖母に尋ねたことがあります。

「会ったことが無くても、電話したら、ちゃんと見えるから、会っているのと同じくらい、よくわかるんだよ。」

「繋がる」ことについて、いくつかの説明もしてくれたのですが、幼かった私は、何の先入観も無く、「そういうものなんだ」と「自然なこととして、そのまま」受け取っていました。

祖母のしていることが「およそのおばあちゃまは、していない」ことだと気がつくのは、大分、後のことです(笑)


2013.06.01.00300RIMG0611.jpg

『祖母・山田祐子』
*1903(明治36)年6月1日〜1975(昭和50)年10月5日
*「めぐみ会」主宰
*著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」
   (1973年 講談社刊・絶版)

*『霊界の謎を探るカテゴリー』はこちらから
*『霊界の謎を探る』(1)はこちらから

☆8月9日第65回プチ癒しフェスタ、『からだ占い(R)とってもお得な事前予約』受付中です☆
http://tatibanablog2.seesaa.net/article/423636284.html

☆8月24日『あなたの恥骨をご機嫌♪にするワークショップ』受講生募集中☆
http://tatibanablog2.seesaa.net/article/423215744.html

☆8月23日「からだ占い(R)1day講座」受講生募集中☆
http://tatibanablog2.seesaa.net/article/423215116.html



*『Light Amulet』癒し系イベントに出展します!(詳しくはこちらから)

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪



posted by 橘@森田智子 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。