2010年01月18日

深呼吸の勧め

2010年01月08日「地に足をつける。」で、グランディングの話を書きましたので、その続きで深呼吸の話しを少しいたしましょう。

グランディング同様、深呼吸の方法の情報も、ものすごくたくさん流布されているのですが、ようするに、
「呼吸にあわせて、自分に不要なものを吐き出して、必要なものを取り入れる」
ということです。

それを効率よく行うために、様々な工夫がなされ、速さや深さ、リズムなど、様々なポイントが提唱されています。

が。

まあ、とりあえず。

「まず口から息を吐く。『自分に不要なものを吐き出します!』と心の中でイメージしながらゆっくりと。吐ききったら、一瞬止める。次に、『自分に必要なものを吸い込みます!』とイメージしながら、ゆっくりと鼻から吸う。吸いきったら、一瞬止めて、再び口から吐く・・・・・」の繰り返しで充分です。

最初はなかなか深いところまで息は入っていかないでしょうし、ゆっくりというのも難しいかもしれません。

でも、それは当然です。いつも無意識で行っている自然な呼吸とは違うので、「さあ、やるぞ!」と思った瞬間に気合が入って硬くなりますし、そもそも、「ちょっと深呼吸して落ち着こう!」というような緊張状態では、呼吸も浅くなっているはずですから。

ですので、無理のないところからはじめれば良いのです。いらないものを少し吐き出して、その、あいたスペースに必要なエネルギーを充填していく・・・

回数が重なれば、だんだん深いところまで息が入っていくようになりますし、心身がゆったりしてきますから、リズムもだんだんゆっくりしてきます。

このとき、吐き出す「不要なもの」とは、感情、記憶を含め、形や性質によらず、今の自分に不要なものとイメージしてください。「捨てたいもの」ではなく、「不要なもの」というあたりがポイントです。「不要」なのに捨てられないものって、ありますよね?本当は不要なのに、なんとなく手放せないもの。なので、具体的な何かを思い浮かべるのではなく、あくまでも「不要なもの」という大きなイメージのほうが良いようです。

もちろん、「必要なもの」はその逆、ということです。

呼吸の回数は自由。時間も自由。

好きなときに好きなだけ。

自分が気持ち良いように。

口から吐き出し、鼻から吸う・・・・・

単純なようで、なかなか奥の深いものです。

まずはお試しください。


では、今回はひとまずここまでにいたします。



posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グランディングと呼吸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

地に足をつける。

先日、1月3日の記事「しっかり立って呼吸する」で少し触れた「グランディング」について、もう少し書いておきましょう。

先日の記事では、「グランディングをしっかりして深呼吸してみましょう。足を肩幅くらいに開いて、地球の中心に向かってしっかりとつながる意識で立ちます。(部屋のなかで構いません)」と書きました。

今、例えば、WEBで「グランディング」について検索すると、ものすごい数の資料が出てきます。様々な表現がされているので、何が正しいのか、迷うかもしれません。

でも、要するに、「地に足をつける」ことができていれば良い、といいうことです。難しく考える必要はありません。自分なりの方法で構わないのです。

簡単な方法として、私がお勧めしているのは、こんな感じです。

1、足を肩幅くらいに開いて立つ(場所はどこでも構いません)
2、直接、土の上に立っているとイメージする
3、体の中心から、地球の真ん中に向かって、錨を下ろすように、ロープを伸ばす様子をイメージする
4、そのロープをしっかり固定して、地球と自分がしっかり繋がったたとイメージする
5、地球のエネルギーを足から吸い上げて、自分に充満させる(とイメージする)
6、「しっかりと、地に足がついた」とイメージする
7、「私は今、グランディングできています。地に足がついています。」と宣言する(実際に口に出すのが難しかったら、心の中で宣言してもOK)

「イメージする」という部分は、何も考えず、素直に、ただ、そう思ってください。「出来たのかな?」「正しい方法かな?」などの疑問は無用です。

イメージの「絵」は自由です。写実的でも、絵画調でも、アニメチックでも、何でもOK。ただ、なるべく「字」のみでなく、具体的に「絵面」を思い浮かべたほうが良いでしょう。

慣れないうちは、ちゃんと出来たのか、どうしても不安になり勝ちです。でも、大丈夫です。どんなときでも、そのときの自分のレベルに合ったグランディングが、必ずできていますから心配は要りません。

さらに、「ダメ押し」として(笑)、最後に宣言することによって、疑問と不安を払い、イメージを確定します。これで、より強固なグランディングをすることができるでしょう。

また、身体に余分な力が入っていると、素直なグランディングの妨げになりやすいので、「呼吸法」も一緒に行うと更に良いでしょう。

慣れてくれば、何時でもどこでも、たとえ座ったままでも歩きながらでも、自由にグランディングの確認が出来るようになります。

イメージに集中して、素直に、グランディングしたその状態に心身を委ねることで、より強固に、地に足をつけた状態を維持することができるようになるでしょう。

では、今回はひとまずここまでにいたします。



posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | グランディングと呼吸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

しっかり立って呼吸する

「2010年01月02日 何かがツイテル?」の、患者さんからのお問い合わせメールへのお返事には、こんな風に書きました。

***********
グランディングをしっかりして深呼吸してみましょう。足を肩幅くらいに開いて、地球の中心に向かってしっかりとつながる意識で立ちます。(部屋のなかで構いません)さらに、天空からの良いエネルギーに繋がるように意識して、自分に不要のものを吐き出すイメージを持ちながら口から息を吐きます。吸うときは、良いエネルギーを吸い込むイメージで鼻から吸います。これを何度か繰り返し、すっきりしたら終了。

まずはお試しを。「変なものに憑かれたかも?」と変に心配したり怯えていると、そういうものを引き寄せますから、むやみに怖がらないこと。守ってくださる方の力に感謝して委ねて、自分がしっかりとしていれば、心配はいりません。
***********

グランディングとは、一般的には「地に足をつけること」と解釈されています。「地に足がついていない」状態は、文字通り、「心ここにあらず」ですから、あらゆるトラブル、事故の元です。

心身ともに不安定な状態ですから、その人本来の力が発揮できなくなってしまう一因となるのです。そこで、何かうまく行かないとき、不安になったときには、まず、グランディングを意識しなおすことをお勧めしています。

グランディングの方法については、たくさんの表現方法がなされていますが、要するに、自分と地球の中心をしっかり繋いで心身を安定させれば良いということ。

上記のメールに書いた、「足を肩幅くらいに開いて、地球の中心に向かってしっかりとつながる意識で立ちます。(部屋のなかで構いません)」という方法は、特別な訓練を受けていない人でも行える、誰でも出来る方法です。それでもやはり、慣れないと不自然な力が入って力んでしまうかもしれません。

そこで、私はいつも、「深呼吸」とセットでお勧めするようにしています。「自分に不要のものを吐き出すイメージを持ちながら口から息を吐き、良いエネルギーを吸い込むイメージで鼻から吸う」という一連の呼吸を繰り返すことによって、自然と中心が丹田に整い、グランディングが出来てくるのです。

このとき、実は、「不要なもの」と「捨てたいもの」はイコールではないことが多いので、具体的に捨てたいものを思い浮かべるのではなく、「不要なもの」と設定したほうがスムーズにことが運びます。

グランディングと呼吸法については、それぞれもう少し、書いておきたいと思いますが、ひとまず、ここまでにいたしましょう。

posted by 橘@森田智子 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | グランディングと呼吸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

何かがツイテル?

患者さんから、一通のメールが来ました。

***************
同僚に突然、「なんかついてる」と言われ、気味が悪くなってしまったのですが、本当でしょうか?丁度、買ったばかりの天然石のアクセサリーが黒ずんだりして気になっていたんですけれど・・・。どうしたら良いですか?
***************

あ〜、困りますよねえ、こういうの。

何がついてるというのでしょうか???埃とか?(^_^;)

ついていいのは「ツキ」とか「運」くらいですよねえ。

という冗談はともかくとして、
むやみに怖がらせるようなことを言うのは、
本当に無責任すぎると思います。

まあ、そうはいっても仕方ないので、
ツイテルかどうかはともかく、
こんなときはまず、「グランディングして深呼吸」です。

そして、石のアクセサリーは、浄化します。

メールで、具体的な方法とアドバイスをお伝えして、
無事に一件落着となりました。

実は、私のところには、こんな相談が少なくありません。

治療中に、「そのテの対応」が必要なこともあります。

特に、「そういう修行」をしたわけではありませんが、
導かれるまま、素直に、手の動くままに、口の動くままに、
対応してますが、なんとか無事におさまっています。

本当にありがたいことで、感謝の日々です。

「グランディングして深呼吸」については、もう少し詳しく、
あらためて書くことにいたしましょう。

posted by 橘@森田智子 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グランディングと呼吸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする