2012年03月31日

久しぶりに石の話

いつの頃からか、
パワーストーンのグッズを愛用する方が増えたように思います。

きっかけや選び方は様々ですが、
いずれにしても、ご縁があって、
あなたのお手元にとどいたものです。

ぜひ、そのパワーに感謝して、
大事にしてくださいね。

ところで。

愛用の石の様子はいかがでしょうか?

色は変わっていませんか?
くすみは出ていませんか?
なんとなく、輝きが薄れていませんか?

そんな時は、「お手入れが必要」なサインです。

表面の汚れを優しく拭き取り、
浄化用のホワイトセージの煙りにくぐらせたり、
月光浴させると
本来の輝きを取り戻すことでしょう。

ただし、
石はもともと、地中にあったもの。

太陽の光は刺激が強すぎることもありますのでご注意を。



*『Light Amulet』プチ癒しフェスタに出展します!(詳しくはこちらから)

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪

posted by 橘@森田智子 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

石の輝き

手元に置いているパワーストーンは、
さほど多くないのですが、
その石たちが、
このところ、
なんだかキラキラしています。

以前より、透明感があって、
しかもパワフル。

とっても綺麗です。

あなたのお手元の石は、
どんな感じでしょうか?




== ご案内 ==

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03−5572−7821(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)
・・・12月30日〜1月3日はお休みです。1月4日のご予約ご希望の場合は、私あてに直接メールでご連絡ください。

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com

※詳細はこちらから

※プロのためのスペシャルケアのご案内はこちらから

・・・まずはお気軽にご相談ください♪

posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

パワフル満月と石の輝き

11月11日の満月は、
雲に隠れてしまいましたが、
居待月(いまちづき)の今宵も、
まだまだパワフル。

とても強く、シャープに輝いています。

やはり、11月11日効果でしょうか。

パワーストーンも、
その影響なのか、
とても美しく感じます。

お手元のパワーストーンを、
ぜひ、手にとって、
じっくり眺めて、感じてください。

もしかしたら、
ちょっと感じが違うかもしれませんよ。




posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

チャクラストーンのペンダント

またしてもすっかり間があいてしまいました。
申し訳ありません(^^ゞ

最近、妙に「石」にご縁があります。

夏には、ヒマラヤ・ゴールド・アゼツライトを入手し、
秋には「ヒマラヤ水晶のサザレ」をご紹介してきました。

そして、今回は、
「チャクラストーン ヒマラヤポイント ペンダントトップ」を入手!

↓こんな形のものです。

20101119131646.jpg

ヒマラヤ水晶をベースに、
各チャクラに対応した石を乗せたペンダントトップです。

チャクラストーンとして、
・ブルームーンストーン
・アメジスト
・アイオライト
・ペリドット
・シトリン
・カーネリアン
・ガーネット
が使われていて、
それぞれは小粒ながら、透明感のある、
とても良い石たちです。

このペンダントトップのベースの水晶部分は
ひとつひとつ、形や大きさが違うので、
じっくり、ピンとくるものを選びました。

これをアゼツと一緒につけていますが、
なかなかバランスが良い感じです。
20101119131427.jpg

しばらくは、この二つが定番になりそうです。


続きはこちらからどうぞ♪
posted by 橘@森田智子 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ヒマラヤ水晶のサザレ

これは、「石」のカテゴリなのか「浄化」のカテゴリなのか、悩むところですが・・・(^^ゞ

先日、ちょっと必要ができて、ヒマラヤ水晶のサザレを入手しました。

サザレというのは、石を加工したときの端切れを、研磨して角を落として小粒にしたもので、他の石の浄化や、置き場に使ったりします。

こんな感じのものです・・・
0101RIMG3013.jpg

アップ
0101RIMG3015.jpg

一粒は、数ミリから1センチ前後でしょうか。キラキラして、とっても綺麗です。

これを綺麗な小皿などに敷いて、それをパワーストーンの置き場にしたり、他の石のディスプレイの下敷きにしたりします。

サザレにもいろいろな種類があるようですが、このヒマラヤ水晶のサザレは、数あるパワースポットの中でもエネルギーが強いと言われているヒマラヤで採取された水晶だけあって、なかなかパワフルです。

100gずつに小分けして、浄化、調整し直したものを、ご希望の方にお分けしていますが、すでに興味深いエピソードなども続々と・・・。

そんなエピソードや、具体的な使い方などは、また次の機会に。


posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

ヒマラヤ・ゴールド・アゼツライト

20100923210834.jpg

先日、ご紹介したヒマラヤゴールドアゼツライトのペンダントトップですが・・・。

手元に来て、一か月と少したち、今はこんな感じです。

ぐっと透明感が増して色味も濃く、印象が鮮やかになって、とても綺麗になってきました。

この石は、「究極の浄化石」とされ、ゴールデンヒーラーとも呼ばれている、とても強いエネルギーがある石だそうで、「業界(笑)」でも、とても人気があるとか。

基本的に「物欲」が非常に乏しいこともあり、あちこちでパワーストーンなどを見ても、ほとんど興味が沸かないのですが、偶然、この石の紹介サイトと巡り合ったとき、なんだか妙に気になってしまって・・・。

結局、思い切って、最初に見たサイトから、ネット通販で入手しました。

聞いたことも無い名前の石だったので、いつもなら、絶対に、実物を手にとって確認してから、と思うはずなのですが、なぜか、とにかく早く手にしたくて・・・。

しかも、実は、その購入先のページには、石のサイズが表示されていなかったのですが、なんとなく、愛用の水晶のペンダントトップとバランスの良いサイズと形が届くような気がして、問い合わせることもせず、発注してしまいました。

届いた石は、もう、ばっちり!

石のガイドには、「刺激が強すぎることもあるので、少しずつ慣らして云々」などとあったのですが、まったく問題なく、その日から、早速フルタイム稼働です。

有難いめぐり逢いに、感謝!


posted by 橘@森田智子 at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

九月になりました。

すっかりご無沙汰してしまいました。

ご心配をお寄せくださった方、申し訳ありません。

また少しずつ書いていきますのでお許しを。

さて。

早くも九月になりました。

不思議なめぐり合わせで、石を一つ入手しました。

ヒマラヤ・ゴールド・アゼツライトです。
20100827121113.jpg
この手前の黄色い石です。

出あったいきさつや、石の意味などは、またあらためて。


posted by 橘@森田智子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

愛用の石のお手入れ

このあたりに書いた石の話しの続きです。

前回、石の色が変わる話を書きました。

石は、色が変わるだけではなく、色が濁ったり、くすみが出たりすることがあります。

それは、その石が浄化を必要としているサインです。

そんなときは、どうしたら良いのでしょうか?

よく知られているのは、ホワイトセージのリーフを使う方法です。このとき使うのは、浄化用のドライリーフです。「そのテのグッズ」を扱うお店で入手することが出来ます。

ちなみに、私は、いつも、お世話になっている佐々木恵美子さん(@マザープラネット)の誘導瞑想の会にお邪魔したときに、セドナ産のものを購入しています。

このリーフを焚いて、その煙に石をかざすと、最初は煙が石を避けて揺れてしまうことが多いので、煙を追いかけるようにして煙に接触させます。

しばらくすると、すっと流れが変わり、煙が石にまとわりつくようになるのがわかると思います。静かに煙から石を外したとき、そのまま煙がまとわりついてきたら浄化完了。

できたら、しばらく、綺麗な布の上において「休息時間」をとってあげると更に良いかも。

このとき大事なのは、感謝と労わりの思いをこめて、浄化作業をする、ということです。

きちんと浄化ができた石は、もとの美しさを取り戻してくれることでしょう。

このほか、月光浴や、塩、水などを使う方法もありますが、まずは、ここまでにいたします。


posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

石の色にご用心。

石の色は変わる、と申し上げたら、あなたはどうお感じになるでしょうか?

もちろん、薬品や、熱などを加えたりすることなく、です。

うっそ〜〜〜?

まさか?

でも。

本当に変わるのです。

私は、ブラウンジャスパーという石のペンダントを愛用しているのですが、下さった方が、「あのペンダント・・・じゃないですよね?」とおっしゃるくらい変わりました。

あるいは、つけ始めのころをご存知の方から「あら、この石、この間のと違うでしょう?また似たような石を買ったのね♪こういう石、好きなの?」と尋ねられたり・・・。

いただいたときは、その名の通り、透明感のある、混じりけの無い綺麗なブラウンの石で、縁に沿って、ほんの少し黄色い部分が見えていたのですが、つけ始めたら、こんな感じに変化しました。

2010011900004401.jpg写真ではわかりにくいのですが、表面全体に黄色い紗幕をかけたような部分が広がり、大きな黄色い島、縁取りのはっきりしたものが左側に二つ、雲のようなものが右にひとつ、出来ていて、お互いが引き合うように黄色みを帯びたスジがかかっています。

実は、裏側もこんな感じになりました。元々は、ほとんどブラウン一色だったものです。
2010011900070301.jpg
最初の状態を記録しておけば良かったのですが、残念ながら、まさかこんなに変わるとは思わず・・・。

地のブラウンの部分の色調は、黒っぽくなったり、黄色よりになったり、少しパープル寄りになったりもします。もちろん、光線の具合でそう見える、というわけではありません。

これは、持ち主の波動に感応して変化するようなので、他の方に触られると、すすすっと変わることもあり、本当に面白いです。

石に関しては、面白い話がまだまだありますが、今日はひとまずここまでにいたします。浄化の話しなども追々ご紹介いたしましょう。



posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 石の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする