2010年03月05日

旅先の宿で。

あなたは、旅先の宿に泊まるとき、よく眠れるほうですか?

「やっぱり、よそのベッドではなかなか・・・」という方、いつもの自室に近い気をそのお部屋に馴染ませると、ぐっとリラックスできると思います。

例えば、こんな、ちょっとした工夫を試してみてはいかがでしょうか?

まず、お部屋に入ったとき、お部屋の空間に向かって挨拶します。

「今晩(今日から〜泊とか、其のときに応じて)、このお部屋に泊まらせていただきます。お世話になります。どうぞ、よろしくお願いします」

こんな風に、ごく簡単に、で、充分です。
ただし、できたら声を出して。
もちろん、ニッコリ笑顔で。

そう。初対面のかたに挨拶するのと同じ要領です。

挨拶がすんだら、速やかに、自分の荷物を広げて、自分の気を部屋に広げます。

クローゼットや洗面所にも、挨拶して、自分のものを置きましょう。

もし、置くものが無かったら、とりあえず、扉をあけて、視線を送って挨拶だけは、しておきます。

セージやお香を焚いても良いですが、禁煙ルームなどでは避けたほうが良いこともありますので、要注意。

セージのスプレーなど、使いやすいグッズもありますので、禁煙ルームの利用が多い方は、そういうものを用意するのもお勧めです。

そのお部屋を利用されたほかの方の気が残っていたり、旅先で、自分が緊張していたりすると、なかなかうまく行かないこともありますが、それでも、随分落ち着くと思います。

なお、この方法はあくまでも「仮の宿」対策です。自室にするようなきっちりした浄化やチューニングは、かえって逆効果なこともあります。あくまでも「宿を借りる客人」としての範囲にとどめましょう。

あ、もちろん、出発の時には、御礼のご挨拶も忘れずに!(^_-)
「お世話になりました!ありがとうございましたm(__)m」

ちなみに、「ご挨拶」は、世界中どこでも、御自身の得意な言語でOKです。私はいつでもどこでも、日本語です。外国で、現地の言葉がわかる場合は、その言葉を使うこともありますが、基本的に、「じゃぱにーずおんりー」です。まったく支障はありません♪


次の機会にはぜひ、お試しください。



posted by 橘@森田智子 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 浄化の話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

お部屋のチューニング

現在、ご自身の私室は、居心地が良いですか?

自分の部屋らしい気配にみちていますか?

それとも、どこか、旅先のホテルにいるようですか?

もしも、自分の部屋なのに仮住まいっぽい感じがしたり、なんとなく、馴染んでいないような感覚があるときには、積極的にお部屋をチューニングして自分の波動と合わせてみてはいかがでしょうか。

やり方はとっても簡単♪

石の話でも書いた浄化用のホワイトセージがあれば、それをつかいます。

入手しにくければ、お香でもOkです。(形は何でもOK。スティック型でもコーン型でも。)普通のお線香でも構いません。値段はともかく、御自身の好きな香りのものを選べれば充分です。

ホワイトセージあるいはお香など、用意したものに火をつけて、炎は消して、煙だけ立たせ、できるだけ、部屋の四隅に煙を差し向けます。

このとき、天井の四隅を、自分の部屋の守りをお願いし、固める気持ちでしっかり見つめると良いでしょう。

心地よい香りとともに、お部屋の気が清められて、同時に、自分の気配と馴染んでくるような気がしたら完了です。

よくわからなければ、四隅に心を込めて目線と気を送った後、そのまま燃えきるまで、(あるいは自然に消えるまで)、お部屋の中において置きましょう。(火事にならないように気をつけてくださいね)

一日のうち、いつなさっても構いません。この手のことは、基本的には明るいうちにしたほうが良いのですが、夜、寝る前に行えば、すっきりと休むことができますから、毎晩の習慣にしても構いません。

肝心なのは、自分が気持ちよく、借り物じゃない気分で、その部屋にいられるようにしておくことです。

最初はよくわからなくても、だんだんわかるようになりますので、まずは、心を込めて、やってみましょう。

この方法は、引っ越してきたときや、車を入手したとき、旅先の宿などでも応用できます。

そのあたりのことはいずれまた♪


posted by 橘@森田智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 浄化の話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする